中国Connetレーザー技術 - ファイバ増幅器を維持1.0umハイパワー単一周波数偏光

光ファイバ増幅器の維持1.0umハイパワー単一周波数偏光

簡単な説明:

すべての-PM高パワーファイバ増幅器

kHzの狭い線幅の光信号のための

出力電力は100Wまで可能

高PER

SBSなし

低雑音は、多段ファイバ増幅器をカスケード接続しました


  • 標準のリードタイム:通常2-4週間
  • 価格条件: FOB上海
  • メーカー: Connetレーザー技術
  • カスタマイズされたパッケージ/サイズ:はい、お問い合わせください
  • 詳細情報:お問い合わせください
  • 製品の詳細

    Connetレーザー技術有限公司

    商品のタグ

    製品説明:

    Connetレーザのファイバ増幅器を維持MARSシリーズ高パワー単一周波数偏DFBまたはDBRの原理に基づいて、具体的には、ファイバ・レーザなどの超狭線幅の単一周波数レーザ源のために設計されています。 増幅器のこの種は、50Wの出力電力にkHzの大きさまでの低消費電力の光信号をブーストする能力を有しており、一方、入力信号のスペクトル特性を保存します。 MARSシリーズアンプは、内部高出力、高性能マルチモードポンプを使用して二重クラッドファイバ増幅の技術を採用し、すべての偏波保持構造の統合された設計を有します。 出力電力は、連続的に調整することができます。 MARSシリーズファイバ増幅器は、制御するための内部のマイクロプロセッサと一体のターンキーシステムです。 フロントパネルは、レーザ、パワー及び出力パワーを調整するノブの状態を表示するLCDを開始するスイッチを備えています。

    ダブルクラッドファイバの取り扱いにおける豊富な経験のおかげで、Connetレーザーは、高出力偏光ファイバの非線形効果を抑制しつつ、高効率出力を達成したがって、ファイバ増幅器を維持する適切な最適設計を行います。 ユニークな熱処理技術は、卓上ファイバ増幅器は、長期間安定して動作させることができることを保証します。 それは、システム全体の安全性を確保するために、入力信号の脱落した場合に高出力ポンプの動作を削減することができるように、高速応答の保護回路が自動的に入力及び出力信号のパワーをモニタします。

    ConnetレーザのMARSシリーズ高出力ベンチトップ偏波保持ファイバ増幅器が広く等の科学的研究、コヒーレントビーム結合と同期検波検出システムで使用することができます

    特徴:

    •高ピーク出力電力:0.5W〜50W

    •低雑音指数

    •ターンキーシステム

    •総PM繊維構造、高PER

    •高安定性、高信頼性

    アプリケーション:

    •コヒーレント検出
    •コヒーレント結合
    •アトムトラッピング

    •ファイバーセンシング

    •周波数ダブラー

    仕様

    パラメーター

    単位

    仕様

    パートNO。

     

    MFAP-YB-1-SF

    MFAP-YB-5-SF

    MFAP-YB-10-SF

    MFAP-YB-20-SF

    MFAP-YB-50-SF

    動作波長1

    NM

    1040-1090

    入力電源2

    mWの

    ≥1

    出力電力3

    W

    1

    5

    10

    20

    50

    偏光

     

    リニア

    入力絶縁

    デシベル

    ≥30

    出力絶縁

    デシベル

    ≥30

    対雑音比葛

    デシベル

    ≥50

    出力パワー可変範囲

    10-100

    偏光消光比(PER)

    デシベル

    ≥17

    ≥15

    出力電力安定4(8H)

    ≤±2

    ビーム品質

    M 2

    ≤1.2

    ≤1.3

    入力ファイバタイプ

     

    PM980

    出力ファイバタイプ

     

    PM980

    PLMA繊維

    出力ファイバの長さ

    メートル

    1

    光コネクタ

     

    利用できるFC / APC((他のオプション)

    コリメータ

    電源

    VAC

    100-240

    動作温度

    0〜+ 35

    保存温度

    -40〜+ 85

    冷房モード

     

    空冷式の

    大きさ

    ミリメートル

    19” 2U

    19” 3U

    1.典型的な動作波長:1053nm、1064nmで、1083nm。

    2.一般的な出力電力:1W、5W、10W、20W、

    3.出力パワー安定性は、30分のウォームアップ後、25℃の下で測定されます。

    スペクトラム

    f4d9a0b8-7824-4464-ADA0-e9ad855d8fca

    発注情報

    MFAP-YB-10XX-B-PW-SF:PM

    10XX:NMで動作波長、例:1053nm、1064nmで、1083nm

    B:B-ベンチトップ

    PW:W、例の出力パワー:0.5-0.5W、1-1W、10-10W

    SF:単一周波数


  • 前:
  • 次へ:

  • Connetレーザー技術有限公司は、レーザー光源、ファイバレーザ、光ファイバ増幅器および関連製品の開発と生産を専門に2007年に設立されたハイテク企業です。

  • 関連製品