1550nmのロングパルス単一周波数PMファイバ増幅器 - 中国Connetレーザー技術

1550nmのロングパルス単一周波数PMファイバアンプ

簡単な説明:

ハイパワーのためのすべてのPMファイバ増幅器をカスケード接続し、高エネルギー出力

長いパルス用に最適化されたファイバ増幅器の設計(数百ナノ秒)信号amlification

SBS抑制のための独自の技術

高エネルギー抽出のためのパルス整形

高出力大モードエリア(LMA)PMファイバ3ポートサーキュレータをモジュールに統合することができ

風感知のための長距離コヒーレントDopplor LIDARに適し


  • 標準のリードタイム:通常2-4週間
  • 価格条件: FOB上海
  • メーカー: Connetレーザー技術
  • カスタマイズされたパッケージ/サイズ:はい、お問い合わせください
  • 詳細情報:お問い合わせください
  • 製品の詳細

    Connetレーザー技術有限公司

    商品のタグ

    製品説明:

    Connetレーザのファイバ増幅器を維持1550nmの長いパルス単一周波数偏光は、長いパルス(200nsの-2usの)アプリケーションのために設計されています。 このモジュール化ファイバ増幅器は、目に安全な波長のアンプで、最大パルスエネルギーは120uJまでです。
    Connetレーザの1550nmの長いパルス単一周波数偏波保持ファイバ増幅器は、単一周波数狭線幅ソースを増幅するのに適しています。 線幅はkHzのレベルに狭くすることができます。 最適化された設計で多段光増幅によって、増幅器のこのシリーズは、誘導ブリルアン散乱(SBS)などの非線形効果を抑制し、高パルスエネルギーを実現し、信号光のスペクトル特性を維持し、周辺diffraction-を得ることができます同時に限られたビーム品質。 彼らは、ドップラー風計測ライダのための理想的なアンプです。

    アプリケーション
    ●ドップラー風計測
    ●エアロゾル検出
    監視●汚染
    ●その他の科学的研究を

    特徴:
    •目に安全な波長:1550nmのの
    •パルスエネルギー:120uJまで
    •繰り返し率調整可能:10-20kHz
    •パルス幅:200-2000ns

    仕様

    パラメーター 単位 仕様
    標準。 マックス
    品番   CoLIA-1550-M-SF-LP
    中心波長 NM 1530 1550 1561
    ピーク電力の@ 200nsのパルス幅 W - - 600
    パルスエネルギーの@ 200nsのパルス幅  UJ - - 120
    パルス幅 NS 200 - 2000
    繰り返し率 kHzの 10 - 20
    ビーム品質1 M 2 1.05 1.2 1.3
    PER 2
    デシベル
    17
    -
    -
    出力電力の安定性(15分) - 0.5± -
    出力電力の安定性(8時間4,000) - ±1 1.5±
    出力絶縁 デシベル 30 - -
    電源 VDC 12-24
    動作温度 -20 - 50
    保管温度 -40 - 85
    出力ファイバタイプ   PLMA繊維
    出力ファイバの長さ  メートル > 0.3
    出力ファイバーコネクタ   FC / APCまたはコリメータ
    制御インタフェース
     
    RS232
    冷房モード   空冷式の
    大きさ ミリメートル 200(L)X135(W)X41(H)

    1.ビーム品質は、出力電力に関連しています。
    2. PERは、出力電力に関連しています。
    3.出力パワー安定性は、30分のウォームアップ後、25℃下で測定されます。

    発注情報
    CoLIA-1550-M-SF-LP-XX-YY-ZZ
    XX:ナノ秒でのパルス幅
    YY:kHzの中に繰り返し率
    XX:Wにおけるピーク電力 
    CoLIA-1550-M-SF-LP-200-:例10-100
                  パルス幅= 200nsの
                  繰り返し周波数= 10kHzの
                  ピーク電力= 100W


  • 前:
  • 次へ:

  • Connetレーザー技術有限公司は、レーザー光源、ファイバレーザ、光ファイバ増幅器および関連製品の開発と生産を専門に2007年に設立されたハイテク企業です。